下水道工事とは

ここでの紹介は、お客様の下水道工事への疑問や不安を少しでも解消していただく為の当社所在地地域での情報です。
おおまかな部分は変らないと思いますが、地域(下水道の管理者)によって細かい部分で違いがある場合があります。
詳しくは市町村等下水道の担当課またはその地域の指定工事店にお問い合わせください

下水道について・・>
宅内の下水道工事・・>
ご使用方法・・>
トイレの工事・・>
下水道の使用料金・・>
工事の依頼先・・>
節水してますか?・・>
受益者負担金について・・>

下水道について

下水道は住宅や工場の台所、水洗トイレ、お風呂などから排水される汚水を排水管を通して下水道管へ流し、公共下水道管を通って処理場まで運び、きれいな水に処理して河川に放流しています。
下水道工事をおこなうとトイレが水洗化されるなど、水まわりの悪臭の発生もなくなり衛生的になります。また、道路端の側溝に流してる雑排水もなくなるので側溝の臭いも減り河川の水もきれいになります。

ここまでを宅地内で処理しているのが合併浄化槽です。浄化槽をお使いの場合は撤去して公共下水道に接続します。

宅内の下水道工事

道路などに下水道の本管が配管されると敷地の端に「公共マス」が設置され、共用開始になるといよいよ宅内の下水道工事が行えます。
共用開始になると3年以内の接続が義務づけられています。

=========================================================
宅内の下水道工事では
■ 配管は公共マスから一番遠い排水まで塩化ビニル製のパイプで一定の勾配で配管し、各所からの排水を接続して公共マスまで流れるようにします。
■ 排水管の曲がっている場所や、各所からの排水を接続する合流点などにはプラスチック製の「インバートマス」を設置します。また、「マス」の他にも掃除口や点検口も必要に応じて設置します。
■便器を水洗化に対応した物に取り替えます。
■トイレの便槽や台所の排水に設置されている雑排槽も必要がなくなりますので撤去します。
■マスにはプラスチック製のふたを取付け、ここから点検や掃除を行えるようになります。通行の激しいところや砂利道などは鉄蓋を取付けます。
■井戸水(自家水)をお使いの場合は新たにメーターを設置します。
=========================================================

下水道へは雨水を流すことはできません。雨水は今までどおり直接道路端の側溝などへ放流します。
外の流しなどで雨水が流入するおそれがある排水も下水道へは接続しません。
飲食店や工場などで排水の水質が悪い場合は別にグリーストラップなどの除外施設を設置します。

▲ページTOPへ

ご使用方法

■台所などのシンクから油や野菜くずなどのゴミは流さないようにしてください。
■お風呂や化粧台から髪の毛は流さないようにしてください。
■トイレにはトイレットペーパー以外の物、水に溶けにくい紙を流さないでください。(水に溶けないティッシュペーパーもダメです)
■マスや排水口に、土砂や廃油、危険物などは流さないでください。
■定期的に各所に設置されているストレーナやお風呂の目皿、台所シンクのバスケットなどの網のこまめにお掃除をしてください。
■網付のマスがある場合は定期的に網のチェックをしてお掃除をしてください。
■そのほかの「マス」も点検しゴミなどがないかチェックしてください。
* 普段の使い方はこのような感じで行います。
* 他にも維持管理としては…
* ・マスのそばや配管が通っている場所の近くには植木などを植えるのは避けた方がよいでしょう。
* ・マスのふたを取って油かすなどが多く内側に付着してるような場合は、ホースなどで水を勢いよくかけてお掃除しましょう。
* ・メーターボックスの上には検針の支障になるので物を置かないようにしましょう。

▲ページTOPへ

トイレの工事

お客様の生活の中で、下水道工事をおこなって一番の変化がトイレの水洗化でしょう。
水洗化工事ではほとんどの場合、今お使いの便器は使えません。水洗に対応した便器に交換する必要があります。
水洗トイレは今までのような、臭いも少なく、とても清潔になります。ほとんどの場合洋式の便器を選ばれると思いますが、便器は多機能なものから、シンプルでお手軽なものまで沢山種類があります。
便座が暖かく、おしりが洗えるのはもちろん、水あかや汚れが付きにくいもの、掃除のしやすいもの、アームレストの付いたものや除菌イオンで空気の浄化をするものまで、使われる方にあわせて必要な機能などを選びましょう。

便器はタンクレスタイプなどのコンパクトでトイレの空間を有効に使える物が増えてきました。また、新しい機種ほど節水タイプになっています。

簡易水洗からの場合は床・壁はそのままで便器だけ交換すればいい機種もあります。

最近は排泄をする場所だけでなく、癒しの空間、安らぎと安心の場所として見なおされています。
これから先快適に安心して使えるような場所にしておく事が大切です。
トイレの近くに水まわりがある場合は浴室や洗面所のリフォームをあわせると、比較的間取りが自由になり、使いやすくスペースの確保ができたり、デザインを統一できたり、別々に工事を行うよりも費用がおさえられます。

▲ページTOPへ

お年寄りにやさしくリフォーム

=========================================================
水まわりは身体への負担も大きいので、トイレの使いやすさによっては老後の生活がかわってしまうほどで、特にトイレは高齢者の方にとっても自立して使用できることをもっとも望まれる場所です。
トイレをリフォームする際は、スペースの確保や手すりの取付け(将来の為に補強だけでも入れておく)、寒さの軽減や、段差の解消など、お年寄りに使いやすいトイレにしましょう。
何度も工事が行えるものでもないのでせっかくの機会ですから高齢化に対応させたトイレにしておいたほうが安心です。
また、そういうエッセンスを少し取り入れるだけでも効果があるでしょう。
=========================================================

▲ページTOPへ

下水道の使用料金

下水道の料金は水道メーターを元に算出されます。
県営水道や市水道をお使いの場合2ヶ月に一度の検針の使用量を元に計算します。
井戸水をお使いの場合は別に新しくメーターを取付けて検針するようになります。

メーターは計量法により有効期限が8年と決められており、期間内毎の交換が必要になります。
井戸メーターや子メーターは個人負担で交換しなければなりません。

▲ページTOPへ

下水道工事の依頼先

宅内の下水道工事を行う場合は、各市町村の指定工事店の中から選んで依頼をしてください。
指定工事店には、排水設備の管理責任と配管技能をもつ排水設備責任技術者が登録されていて、指定工事店でなければ排水設備工事を行うことはできません。

設計施工管理、配管工事すべてがこの責任技術者の管理の下に行われます。

工事店が申請から完成まで、工事はもちろん申請書類の作成、提出などの手続きも行います。工事が終了すると各市町村の下水道課の完了検査を受けます。

また、宅内の下水道工事やトイレの水洗化工事では一緒に給水管や給湯管を扱うことがありますので、その場合はあわせて、下水道の指定工事店とは別に、給水設備の指定工事店が必要になります。

規制緩和で登録工事店も沢山増えましたが、なるべく近所で信用のおける工事店を選ばれたほうがよいでしょう。
給水工事を施工する予定のない場合でも埋設管が出てきたり、増工になる場合もありますので、その取り扱いも工事店に確認しておいた方がよいでしょう。

工事店により設計・施工方法、使用機材、材料や工事に対する考え方など様々です。工場で作られてる製品のように、メーカーと型番さえ同じならばどこのお店で買っても同じ物が手に入るのとは違い、できあがる物(機能や仕上がり)も当然違います。

工事店は慎重に選んでください。水まわりのものは住まいの中でも傷みが早く定期的なメンテナンスが必要になる場合もあります。
工事が終わってからその設備が必要なくなるまで施工責任がありますし、工事中よりも工事が終わってからの方が長いおつき合いになります。
なにかと相談できるかかりつけの工事店があるといざというとき安心です。
当社でも水まわりの事以外にも住まいに関する様々な事、困った事の相談を受けますが、信頼できる工事店なら「こんな時はどうすればいいの?」とか「どこに頼んだらいいの?」とか何でも困った事があったら相談してみてください。
専門分野でない場合でも、工事店どうしのつながりがありますので、相談先を紹介してもらえるでしょう。
そういった工事店はいざというときの助けになってもらえるはずです。

▲ページTOPへ

節水のすすめ

工事が終わるとすべての水に使用料金が発生します。特に水洗トイレは節水タイプになってきているとはいえ、簡易水洗よりも沢山の水を使って流します。
必然的に今までの水道使用量より増えることになります。
更に今までの水道料金の他に下水道料金もかかるようになるわけですから、今までよりも節約の効果は高くなります。
また、井戸水も水道料金はかからなくても下水道料金がかかるようになります。
こまめに水を止める。節水タイプの水栓を使う。お風呂の残り湯の利用する。など今まで以上の節水を心がけましょう。
また、水漏れが発生した場合も今まで以上に料金の負担が大きくなりますので注意が必要です。

▲ページTOPへ

受益者負担金

下水道が整備されると土地の面積に応じて負担金が発生します。
受益者負担金と呼ばれ、公共性の高い下水道工事なのですが下水道整備により恩恵を受けた方に下水道整備の費用を負担していただき整備促進の財源にあて、下水道が使える方と整備計画のない方の公平さを図る目的があります。
土地の面積に応じて納めることになります。詳しくは各市町村担当課におたずねください。

▲ページTOPへ